スカイマーク航空券で貯めれるマイレージ

graa
デルタ航空のマイレージを持っているといった人もいることでしょう。しかし海外旅行に行くにはマイレージ数がかなり足りず、利用に困っているなんて話も耳にします。そんな人におすすめしたいのがスカイマーク航空券でのマイレージ利用です。

スカイマーク航空券は羽田や北海道、長崎、沖縄などに就航しているLCCです。航空券が安い会社の1つとなっています。これらの会社はいわゆるLCCと言われており、通常の航空券よりも安価な価格帯で販売されています。また中には激安、赤字覚悟のチケットもあります。そんな掘り出しものにめぐりあえることもあるので普段からチェック
しておくといいでしょう。自分でも思わぬ掘り出しものとめぐりあえるかもしれません。

スカイマーク航空券のマイレージですがスカイマークに搭乗したからといって貯めることができるわけではありません。利用できるのはデルタ航空のマイルです。デルタ航空はアメリカはもちろん、アジアであればタイにも就航しています。これらの就航はアジアだけではなくアメリカへもあります。マイルを貯めているなら、マイレージ加算の効率の良い航空会社を選ぶのも1つの手段です。では実際にどうやって利用するのでしょうか。

デルタ航空のマイルは国内線で利用できます。無料航空券の往復と交換することが可能です。もちろんデルタ航空での利用も可能です。アジア路線を見てみると5万マイルほど必要な場合もあります。5万マイルを貯めるには相当なマイレージ確保が必要です。その点、国内往復については1万5千マイルから2万マイルほどでOKとなっています。

その他どういったもので活用できるのか?というとJTBの国内ツアー用の旅行券でも利用できます。JTBを利用して旅行を計画している人は利用可能なマイレージ数についても確認してみるといいでしょう。

そしてスカイマーク航空券は韓国へのフライトでも利用できます。韓国は日本から近く、短時間移動が可能です。時間があまりない人も利用してみるといいでしょう。
ちなみにJTBの国内ツアー用のものは1万マイルから交換可能です。1万マイル程度ほどある方はこちらで利用するといいでしょう。韓国へは15000マイルです。国内と同じくらいのマイレージ数となっています。
マイレージを貯めるにあたって周りはどのくらいの期間で貯めているのか?も気になることでしょう。

マイレージを貯める期間を聞いてみると、2・3年といった回答が多く聞かれます。まずは2年、じっくりマイレージを貯めてみましょう。
マイレージでの旅行は無料で楽しむことができます。2年に1度無料旅行を楽しむつもりでコツコツマイレージを貯めてみるといいでしょう。

マイレージについて

マイレージについては普段から貯めているといった人も多いことでしょう。国内線だとANAやJALなどのマイレージを集めている人が多いのではないでしょうか。出張が多い人はマイレージも貯まりやすいかと思います。興味はあるもののよくわからないといった人はこの機会にマイレージを調べてみるといいでしょう。
skymark5
LCCについても普及が進んでいます。最近はもっぱらLCCばかり利用しているといった人もいることでしょう。そうした人は「LCCはマイレージが付くんだろうか?」と疑問を持っている人もいることと思います。LCCについても基本的にマイレージが加算されます。ただしスターアライアンスなど共有のものではなく独自のものが多いです。また加算率についてもいいとは言えないものが多いのも現状です。しかし全く貯めないのももったいない話です。少しでも加算されるのであれば試しに貯めてみるといいでしょう。

例えばスカイマークです。スカイマークは航空券が安い会社としておなじみです。国内移動で利用したことがあるといった人もいることでしょう。航空券が安いLCCの中でも代表的な会社の1つです。スカイマークのマイレージを貯めるにはどうしたらいいのでしょうか。

スカイマークは実は独自のマイルプログラムを運用していないのです。しかしマイル利用が可能となっています。その理由はデルタ航空の「スカイマイル」がポイントです。デルタ航空のスカイマイルですが、期間設定付きで「ニッポン500マイルキャンペーン」というものがあります。これは何かというと搭乗券1枚ごとに航空会社や路線、運賃に関わりなく搭乗券をFAXすれば500マイルをプレゼントしますというキャンペーンです。なんて太っ腹なキャンペーンなのでしょう!

提携先や制限などがないので、ぜひ貯めてみましょう。年間で最大5000マイルまで貯めることができます。ちなみに1路線に500マイルとなっています。
海外旅行に行くとマイレージは非常に貯まりやすくなります。まだマイレージ登録をしていない人は、この機会にぜひ登録するといいでしょう。アメリカやヨーロッパなどはうまく行けば、国内片道分あるいは往復分になることもあります。お金に換算してもけっこうなものです。

その他マイレージは日常利用するクレジットカードでも貯めることが可能です。普段の買い物や支払いでクレジットカードを利用すればけっこうな額が適用になる場合もあります。

スカイマークでマイレージ利用できる区間

マイレージについてはとても便利なものです。無料で飛行機利用が可能であったり、金銭価値がある場合も多く貯める機会がある人はぜひとも貯めてほしいものです。しかし普段から飛行機を利用することがないといった人もいることでしょう。マイレージはクレジットカードで貯めることもできます。クレジットカードは日常でも利用する機会が多いことでしょう。この機会にマイレージについて研究してみるといいでしょう。

fefv

また例えば年に1度海外旅行に行くといった人もいることでしょう。そうした人は海外行きのフライトでマイレージを貯めることができる可能性もあります。特に同じ航空会社は提携している航空会社のマイレージを把握すれば、フライトについても選択しやすいかと思います。マイレージは自動的に付加されるわけではなく、自分で申請をしたりマイレージプログラムのメンバー登録が必要です。これらを知らずに全く何もせず飛行機を利用しているといった人もけっこういます。次回からでもマイレージのメンバー登録をして、しっかりマイルを貯めましょう。マイルはお金に該当します。これを捨ててしまうのはもったいない話です。

飛行機の利用にあたり、近々スカイマークを利用するといった人もいることでしょう。スカイマークは自社のマイレージプログラムを有していない会社です。LCCがそうなのか?というとそういうわけではなく、エアーアジアのように自社のマイレージプログラムがある会社もあります。

しかしスカイマークはデルタ航空のマイレージなら利用できるのです!デルタ航空のマイレージを確認してみましょう。国内路線だと15000マイルから利用が可能となっています。場合によっては3万マイル必要な場合もあります。ケースバイケースですが、自分が持っているマイレージが適用になるか?またどのくらいのマイレージ数が必要かその点も確認してみましょう。

スカイマークは航空券が安いのが特徴ですが、マイレージが利用できれば無料で飛行機に乗ることができるわけです。無料で往復できるのはラッキーですね。
また国内の移動は海外への移動よりも高くつく場合もあります。そうした路線でマイレージが利用できればお得に利用できることになります。
飛行機の利用はLCCのおかげでさらに拡大しつつあります。旅行回数も増えたり、週末の弾丸旅行を実施する人もではじめています。さらにマイレージを上手に使えれば、活用の幅はぐんと広がります。今後の展開も楽しみですね。

スカイマイルのメダリオン会員

旅行や出張、帰省などさまざまな目的で飛行機を利用する人は多いかと思います。飛行機はバスや車、電車に比べて短時間で移動が可能ですし、最近は特に安い航空券が出回っているので、利用についても敷居が低くなっています。飛行機を乗る予定の人は格安航空券をチェックしてみるといいでしょう。

近頃の特徴としては出張でもLCCを利用する人が増えています。経費も削減になりますし、日本国内の場合遅延もそこまで多くありません。時間に余裕がある人はそれこそLCCで十分かと思います。LCCで遅延がもっとも低いのがピーチです。またスカイマークも評判が良い会社です。
路線の関係上スカイマークを利用する機会が多い人もいることでしょう。いかにお得に、快適に乗れるか?という点から見てみましょう。

スカイマークのヘビーユーザーならぜひ「メダリオン会員」の資格をGETしてほしいところです。メダリオン会員ですが、「上級会員」に該当します。ではどうやったら上級会員になれるのか?というと1年を通じて必要なマイレージ数を確保したり、あるいはフライト数を満たすことが条件です。これは両方ではなく、どちらか片方を満たせばOKです。

どちらも満たすことができない人はこんな裏技もあります。それはゴールドカードの入会です。「デルタスカイマイル アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード」というカードがあります。このカードに入会すれば簡単に上級会員になることが可能です。もちろんデルタ航空に一切乗ることなく、上級会員になれます。このカードを持った時点ですぐにゴールドメダリオン会員になれるのです。

特典ですがボーナスマイルやビジネスクラスのラウンジ利用も可能となっています。なんともリッチ気分で飛行機利用ができるわけです。もうLCCの世界を突破していますね。ちなみに正規の資格取得はスカイチーム加盟している航空会社が条件となります。ヴァージンアトランティック航空やゴル航空、アラスカ航空、ヴァージンオーストラリア航空などです。あまりなじみがないと感じる人もいるかと思います。日本人の海外旅行先はアジアかハワイが多い影響かもしれません。

マイレージについては期間がある程度決まっています。期限を過ぎるとマイレージは無効になってしまうので、期限内に利用するもポイントです。期限内に利用できない場合は、ショッピングマイルなどを上手く活用して貯めてみるといいでしょう。そうするとマイレージも貯まりやすくなります。

提携クレジットカード

マイレージ加算で欠かせないアイテムが「クレジットカード」です。買い物やガソリンを入れたり、その他の場面でクレジットカードを利用するのは当たり前の時代となっています。商品券GETを目指して利用する人や、マイレージ確保を目指して利用する人などさまざまな目的があることでしょう。日常の買い物で貯まるものなので、可能であればぜひ活用してみましょう。

用途はいろいろ飛行機を利用する予定がある人もいることでしょう。飛行機で北海道に行ったり、沖縄へ行ったり気ままに旅行するのも良いでしょう。沖縄や北海道では近年LCCの就航があります。国内はもちろん、海外からもLCCの直行便が増えています。日本を旅行するとなると東京や大阪が定番だったわけですが、リピーターの人は沖縄や北海道にも興味を持っています。最近では地方にも足を伸ばす人が増えています。スカイマークは安い航空券を販売している会社の1つです。行き先から価格を調べてみたら、スカイマークが1番安い航空券を出していたなんてこともあるかと思います。

Skymarkですがマイルを利用して特典航空券を予約することも可能です。マイルはスカイマーク独自のものではなく、デルタ航空のマイルを利用することとなります。デルタ航空のマイルは飛行機を利用しても貯まりますし、また提携のクレカを利用するといった手もあります。
クレカでは公共料金や日常の買い物、ガソリン代などを支払うことができます。またオンラインショッピングでもCREDITCURDの利用は当たり前となっています。ポイント(マイレージ)を貯める上でも上手に利用するといいでしょう。

提携クレカはSKYMILEの公式サイトでも紹介されています。クレジットカードは年会費がかかる場合もありますが、海外旅行や国内旅行の保険がついている場合もあるので、単独に加入するよりも年会費を支払った方がメリットがある場合もあるのです。例えば「デルタ スカイマイルJCBテイクオフカード」もあります。こちらについてもおすすめです。デルタ航空でもクレジットカードがあるので、こちらもチェックしてみるといいでしょう。

クレジットカードは自分のLIFESTYLEに合わせてマイレージやポイントを選ぶといいでしょう。年会費がかかるものはポイント加算が1.5倍といったものもあります。例えば年会費が5千円かかってもプラス効果がある場合もあるのです。
みなさんもこの機会にスカイマークについてチェックしてみてください。